HGUCガンダム――リバイブ版にも存在理由がありまして

2020/09/17

1/144 HGUC ガンダム ガンプラ バンダイ プラモデル レビュー

t f B! P L
 しかし、ネット上では、リバイブ版の評判がすこぶる良くないです。それでこんな画像を作って見ました。HGUCガンダム021番と、HGUCザクF2です。
 私はHGUCガンダムリバイブ版が大好きです。HGUCガンダム021番の方も大好きですが。
 どうです、違和感があるでしょう? まあ、これらのキットの発売時期が、2001年から2010年と、実に9年もの間があるのですが、両キットの頭身(頭の縦の長さで、身長を割る)にかなり差があるのが分かります。それでは、次の画像です。
 HGUCガンダムリバイブ版と、HGUC量産型ザクとの比較。これも結構な違和感がありますね。発売時期に8年の差があります。
 それでは、次の写真。
 真ん中を境に、右と左で頭身が近くなっています。
 まあ、私が言いたいことは、時期によってガンダムもそれ以外のモビルスーツも、頭身などが変わると言う事です。
 そういった点から考えれば、HGUCガンダムリバイブ版も、HGUCガンダム021番も、互いに存在理由があるように思います。まあ、どっちも売られてますから、好きな方を買えば良いのですけれどね。
 ついでに2001年以降の1/144ガンダムを並べてみました。G40が無いのはご容赦を(微妙に食指が動きませんでした)。
 時期によって、結構、変遷がありますね。個人的には、バンダイからしてみれば、色々形を変えて作ったから、好きに選んで作って下さいと言っているような気がするのですが。

このブログを御覧の方に

このブログを閲覧して、発生したあらゆる損害に関して、当方は一切の責任を持ちません。自己責任でお願い致します。

文章、写真、動画に関して、著作権は、狩野晴人にあります。

QooQ